ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

2018.10.05

GCC RoHS規則とUAE RoHS規則(その2)

GCC(Gulf Cooperation Council:湾岸協力会議) RoHS規則(Gulf Technical Regulation for Prohibition of Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)の概要は、9月7日のコラムで解説しました。
 今回は、GCC RoHS規則の適合性宣言の仕組みを解説します。

1. 適合マーク

GCCの適合マークは、GCC規格“CONFORMITY MARKINGING FOR THE GCC COUNTRIES”〈The Gulf Cooperation Council(GCC)Standardization Organization(GSO):Issue No.:(5)Date:(2/21/2008)〉1)により規制されています。
 この規則は、GCC諸国の標準化団体が発行した技術規則に規定された要件への適合性表示を要求するすべての製品に適用されます。

図1 G-Mark
図1 G-Mark

製品に適合マーク(G-Mark、図1)を付ける意味について、次のような説明がされています。

  • GCC諸国の適合マークは、GCC諸国の標準化団体が発行した技術規則に従って、製造者またはその代理人が製品のすべての要求事項を遵守していることを示す。
  • GCC諸国の標準化団体が発行した技術規則の適用対象となる製品については、GCC諸国の適合表示が必須である。
  • GCC共通市場での発売前にその条件に適合させ、上市しなければならない。

適合マークは安全、公衆衛生、環境に関する技術的要件に限定されないとしています。EUのCEマーキングは、製品の消費者、使用者の健康、安全、環境に関する保護が目的ですので、G-Markはより幅広いと言えます。
 なお、G-Markは5mm以上で表示しなくてはなりません。

2. 対象製品の技術規則

技術規則としては、以下が制定あるいは計画されています。

(1)一般製品安全規則-BD091005042)
 消費者の健康と安全の高いレベルの保護を確保するための、上市された製品、消費者に提供される製品、消費者が利用可能な製品、消費者使用を意図した製品、または消費者によって使用される可能性が高い製品の法的枠組みを確立することを目的としています。
 適合確認は“The Form A”から“The Form H”までの方式があります。“The Form A”は、設計、製造、生産プロセスに関する技術文書(technical documents)を確立するものです。
 このために、製造プロセスが技術文書と適用可能な要件との適合性を保証するために必要なすべての手順を踏むことが要求されます。すなわち、品質システムの適用が求められます。
 “The Form A”はEUのCEマーキングではModule Aに相当します。なお、GCC RoHS規則の適合性宣言は“The Form A”とされています。
 適合性評価モジュール(Conformity Assessment Modules)は、製品のGulf技術規則の要件への準拠を実証するために使用され、リスクおよびリスク分析の程度に応じて選択される一連の適合性評価手順です。
 FormはGUIDE OF CONFORMITY ASSESSMENT FORMS3)に解説(図2)されています。

図2 適合性検証フォームのチャート概要
図2 適合性検証フォームのチャート概要

このように、EUのGPSD(General Product Safety Directive:消費者保護法)や、765/2008/ECや768/2008/ECのCEマーキングの要求と類似しているようです。

(2)G(Gulf)-Marking技術規則4)
 適合性マークは、製造者および輸入者が、製品に関するGCC諸国の標準化団体が発行した技術規則に規定されているすべての適合性確認手順に適合していることを証明するものです。
 適用されるすべての規則に適合させる、既定の技術標準に適合していれば規則に適合していると見做すなど、EUのニューアプローチ指令と類似しています。

(3)玩具技術規則:第2版-BD-131704-015)
 玩具とは、もっぱらであるかどうかにかかわらず、14歳未満の子どもの遊びに使用するために設計または意図された製品です。
 玩具技術規則はEUの玩具指令と類似した構成になっており、型式承認、技術文書の作成や適合宣言が要求されます。
 化学物質の制限はリストされたCMR(Carcinogenic発がん性、Mutagenic突然変異性、Reprotoxic生殖毒性)物質の制限(許容濃度)、アレルギー性香料の制限、溶出制限物質基準があります。
 玩具および育児製品には、0.1%以上のDEHP、DBP、BBPのフタル酸エステルの含有を制限し、口に入れる玩具類に0.1%以上のDINP、DIDP、DNOPのフタル酸エステルの含有制限をしています。EU REACH規則と同じ規制です。

(4)低電圧電気機器技術規則-BD-142004-016)
 EU低電圧指令と同様に交流50V以上1,000V以下、直流1,500V以下の電気機器が対象です。

(5)発行予定規則
 WTO通告済の規則としては、電磁適合性に関するGSO技術規則CDT-1800257)があります。さらに、以下の規則は公布が予定されていますが、内容は確認していません。

  • 工業製品安全
  • 化粧品
  • エネルギー消費効率
  • 電磁適合性
  • 保全設備
  • 機械
  • リフト
  • 建設製品
  • 医療機器
  • 爆発性雰囲気用機器
  • 単純な圧力容器
  • 個人用保護具
  • ガス器具
  • 遊び場
  • 食料品と接触することを意図したプラスチック材料および物品
  • 非自動(Non-Automatic)計量機器
  • 計測器
  • ハラール製品

電気・電子機器の有害物質規制は「電気・電子機器の有害物質使用制限に関するGSO技術規則ドラフトCDT-180024」として、2018年3月28日にWTOに通知されています。

3. 適合追跡システム

製品の試験、検査および認証のための認定機関の関与が、子ども用玩具および低電圧電気機器および器具などの製品に関するGSO技術規則によって要求されます。これらの規則は、通知機関が排他的に実施すべき全体的な適合性評価手続における義務的な活動を規定しています。製造者または責任供給者のみに適用され、第三者を必要としないものを含む技術規則のすべての要求事項を遵守した後、製品は、GSOの製品追跡システムに登録され、製品自体およびそのパッケージに「Gulf Conformity Tracking Symbol」(GCTS)を表示する必要があります。
 GCTSはG-Mark、認証機関のID番号、およびGSO追跡システムの製品証明書を追跡するQRコードになります。これらの登録製品はWebサイト8)で検索できます。

(1)低電圧電気機器規則
 Notified Body(NB:適合性評価機関)の認証を要求されている電気機器は次で、GCTSの対象です。低電圧電気機器規則は交流50Vから1,000V、直流75Vから1,500Vの間で稼働する電気機器が対象で、EU低電圧指令(2014/35/EU)と同じです。
 GCTSは次の製品が対象です。

  • 電気ファン
  • 冷蔵庫、冷凍庫、そのほかの冷蔵または冷凍設備(最大30立方フィート=850リットル)
  • 遠心式衣類乾燥機および洗濯機(洗濯と乾燥の両方を含む)(最大12kg)
  • フードグラインダーおよびミキサー、果物または野菜ジュースの抽出装置
  • トースター
  • 電気サーマルヘアドレッシング装置およびハンドドライヤー
  • 家庭用電気加熱装置
  • 電子レンジ
  • そのほかのオーブン: 調理器、調理プレート、沸騰リング、グリル、ロースト
  • 電気式瞬時または貯水式給湯器および浸漬式ヒーター(最大200リットルの電気器具)
  • アイロン
  • プラグ、ソケットコンセント、アダプター、コード延長セット、充電器
  • エアコン

(2)玩具規則
 玩具規則はEU玩具指令(2009/48/EC)と類似していますが、GCTSの対象は次のとおりです。

  • 機能性玩具(Functional Toys)
  • 水中玩具(Aquatic Toys)
  • 化学玩具(Chemical Toys)
  • 化粧品玩具キット(Cosmetic Toy kits)
  • 味覚ゲーム(Gustative Games)
  • 嗅覚ボードゲーム(Olfactory Board Games)

今後、RoHS規則も対象となる見込みです。

4. GCC RoHS規則とUAE RoHS規則

UAEはGCCの構成国です。UAEは2017年4月15日にRoHS規則を公布しており、GCC RoHS規則との関係が気になります。
 GCC RoHS規則で次の規定があります。
 第32条:旧規則の削除
 この文書は、電気・電子機器における有害物質の禁止に関するGCC技術規則の初版であり、既存の電気・電子機器への有害物質の使用禁止に関するGCCまたは国内の技術規則は、取り消されるものとする。
 構成国の義務として次があります。
 第4条:自由移動
 加盟国は、加盟国の市場における本規則の要件に適合する電気・電子機器の安全を確保するために必要なすべての措置を講じるものとする。
 この規定からは、先行しているUAE RoHS規則は廃止され、GCC RoHS規則に準拠した国内法を制定することになります。
 一方、UAE RoHS規則は次のスケジュールで規制されます。

製品群・グループ名 Cd,Pb,Hg,Cr,
PBB,PBDE
DBP,DEHP,
BBP,DIBP
カテゴリー8医療機器・カテゴリー9(監視制御機器) A 2020.1.1 2022.1.1
Aのケーブル・スペアパーツ B 2022.1.1 2022.1.1
A以外電気電子機器、B以外の修理、再利用、アップグレード機器
カテゴリー11(その他)を除く
C 2018.1.1 2020.1.1
カテゴリー11(その他) D 2020.1.1 2020.1.1

UAE RoHS規則の適合宣言は、エミレーツ適合性評価制度(ECAS)認証プログラムで、エミレーツ品質マーク(EQM、図3)を貼付します。適合性は、強制規格として、UAE版 IEC62321、IEC 62474、IEC/R 62476、EN 50581が強制されています。

図3 EQM
図3 EQM

製品がエミレーツ標準化機構(ESMA)によって規制されている場合は、EQMは製品の安全性および品質要件に準拠していることを証明できる製品に付与されます。
 適合宣言は2つのオプションがあります。

(1)ECASに基づく強制方式

  • (i)RoHSの製品評価が全て終了していない場合にはRoHSに関するリスク評価を提出
  • (ii)重要なコンポーネントのみを含む適合宣言を発行
  • (iii)完成品の場合、完成品の完全なRoHSテストレポートを提出
  • (iv)その後
  • (v)ESMAが設定された制限値への適合を検証
  • (vi)ESMAが証明書を発行する。

なお、証明書の有効期間は1年間です。

(2)EQMに基づくモデルH(総合品質保証)方式

  • (i)事業者による適合宣言
  • (ii)IEC 63000(Technical documentation for the assessment of electrical and electronic products with respect to the restriction of hazardous substances)およびIEC 62476(Guidance for evaluation of product with respect to substance-use restrictions in electrical and electronic products)に基づくリスクアセスメント文書の提出
  • (iii)現場(工場など)訪問により技術的監査および検証の実施
  • (iv)ESMAによる適合性の検証し、証明書とEQMの使用の許可

なお、証明書の有効期間は1年間です。

GCC RoHS規則とUAE RoHS規則に違いがありますが、適合宣言の方法などの基本的事項は一致しています。
 ただ、GCC RoHS規則はドラフトで、疑念のある規制内容もありますので、改正されると思われ、UAE RoHS規則との整合もとられると思います。
 Gulf規則として発効した場合は、UAE RoHS規則も調和され、EQMがG-Markに変更になると思われます。

(松浦 徹也)

引用情報
1)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2017/11/Gulf-Regulation-on-G-Marking-BD09100501-1.pdf
2)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2018/09/General-Product-Safety-Regulation.pdf
3)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2017/11/GSO-Guide-On-Modules-of-Conformity-Assessment-BD09100503.pdf
4)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2017/11/Gulf-Regulation-on-G-Marking-BD09100501-1.pdf
5)http://www.cqc.com.cn/dynamic/contentcore/resource/download?ID=30918
6)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2017/11/Gulf-Technical-Regulation-for-Low-Voltage-Electrical-Equipment-and-Appliances-BD-142004-01.pdf
7)https://www.gso.org.sa/wp-content/uploads/2017/11/Draft-of-GSO-Technical-Regulation-on-Electromagnetic-Compatibility-CDT-180025.pdf
8)https://www.gso.org.sa/gcts/

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク