1.長時間労働の解消

「長時間労働=ブラック企業」とみなされる今、自社の労働時間について改めて考えてみましょう。1ページ目は時間外労務管理のポイントを、2ページ目は、実際に長時間労働を改善するためのポイントを紹介しています。
起業マニュアル「労務管理のポイント:時間外・休日労働」
ビジネスQ&A「長時間労働を改善するための取り組みを教えてください。」

2.硬直的労働時間の解消

「朝〇時から夕方〇時まで」といった硬直的な労働時間の解消も、「働きやすさ」につなげる大きな要因です。柔軟な労働時間を目指して、1ページ目にフレックスタイムの基本を、2ページ目に在宅勤務のポイントを紹介します。
起業ノウハウ「労働時間管理:変形労働時間制(フレックスタイム)」
ビジネスQ&A 人事制度と労務管理「在宅勤務制度の時間管理の方法を教えてください。」

3.雇用形態に基づく不合理な待遇差の是正

雇用形態が異なることによる不合理な待遇差をしないために備えておくべき知識があります。1ページ目では、非正規従業員を雇用するうえでの基本を、2ページ目では、募集・採用するうえでのポイントを紹介します。
Q0133.中小企業では、非正規従業員をどのように活用するべきでしょうか?
Q0127.パート社員を募集するときのポイントについて教えてください。

[2018年4月 9日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報