1.法定労働時間について

労働基準法において、法定労働時間や休日などについて定められています。企業は、基本的にこのルールに従って労働時間を管理していきます。以下は、法定労働時間について紹介しています。
起業マニュアル「労働時間管理の基本」

2.労働時間の短縮方法

ただ単純に労働時間を短縮すれば、仕事が進まなくなるおそれがあります。どのようにすれば労働時間を短くできるのでしょう。1ページ目は、社員や経営者の意識改革により労働時間を短縮することについて紹介しています。2ページ目は、制度によって労働時間を短縮する対応策について書いてあります。
ビジネスQ&A「長時間労働を改善するための取り組みを教えてください。」
ビジネスQ&A「時間外労働(略称「残業」)削減問題は、使用者にとっては労働者への安全配慮義務や人件費コスト等の面から、また労働者側にとっては身体及び精神的な面の負担等から、大きな問題となっています。削減のための考えられる対応策にはどういうものがあるでしょうか。」

3.仕事量に応じた時間管理

仕事は、常に一定の量があるわけではありません。忙しい時もあれば、比較的ゆとりのある時もあります。仕事量に合わせた人員を効率よく配備できれば、全体の時間短縮にもつながります。1ページ目は、製造業において月末に発生する長時間残業への対処方法について、2ページ目は、小売店における従業員の効率的なシフトについて紹介しています。
ビジネスQ&A「月末の残業を減らし、賃金コストを抑える方法を教えてください。」
ビジネスQ&A「効率的な従業員のシフトの作成に関して具体的な方法について教えてください。」

4.成功事例

労働時間を短くする取り組みは、自社の現状を検証し分析する、という地道な作業によって可能になる場合もあります。1ページ目はネイルサロン、2ページ目は介護事業における、労働時間短縮の成功事例を紹介します。
起業マニュアル「労務管理のポイント:時間外・休日労働」
施策活用企業事例「介護支援の見える化を行い、3K職場での残業ゼロをIT化で実現【イトーファーマシー】」

[2017年11月 6日掲載]

関連支援施策&編集部オススメ情報

  • 企業の成長のために、国や都道府県などの公的機関が展開する様々な施策、及び、今回の「特集」に関連する情報を集めました。ぜひご活用ください。

    <参考情報>
    ■2035年頃を見据えた「働き方の未来」、長時間労働削減に向けた取組、同一労働同一賃金についての情報・資料が網羅されています。

  • <参考情報>
    ■より良い職場であるための各種助成金、支援事業が取りまとめられています。

  • <参考情報>
    ■国が定めた最低賃金制度に基づき、「最低賃金」についての情報を発信するサイトです。

  • <J-Net21編集部オススメ(1)>
    ◯ダイヤモンド・オンライン
    いわゆる時間外長時間労働の問題は、労働者を擁護する観点から取り上げられることが多いが、従業員の意識にも問題があることを論じています。

  • <J-Net21編集部オススメ(2)>
    ◯ダイヤモンド・オンライン
    労働時間を短くするには、効率化・高速化一辺倒の時短改善だけでは不十分。仕事の進め方を根本から変える方法について論じています。