J-Net21  >  起業をする  >  会社法のポイント

会社法のポイント

平成18年5月1日から会社法が施行されました。
会社法の概要、変更点については、いろんな解説がでていますが、問題がでてくるのは、
実際に、会社を設立したり、組織を変更したり、あるいは事業承継を行うとき。
J-Net21では実際の現場でおきている課題をもとにQ&Aを作成し、ビジネスQ&Aでご紹介しています。
この「会社法のポイント」では、それらを抜粋して掲載しました。
現場で役に立つQ&A集。ぜひ、ご活用ください。
...つづきをみる

会社法とは

従来、会社に関する規定は、「商法第2編」、「有限会社法」、「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」(いわゆる「商法特例法」)、「商法施行法」など、様々な法律に分散していました。今回の「会社法」は、これらの法律を一本化したものといえます。
また、会社法の実際の運用方法については、「法務省令」で定められており、今回、法務省令として公布されたのは、「会社法施行規則」、「会社計算規則」、「電子公告規則」です。

【電子政府利用支援センター:法令データ提供システム】

会社法のポイント

【経営基礎ガイド】

【ビジネスQ&A】

会社法Q&A

起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。